HOME » うちに合うのはどれ? フロアコーティングの種類・価格・特徴

うちに合うのはどれ? フロアコーティングの種類・価格・特徴

床を美しく保ってくれるフロアコーティングでは、目的に応じてさまざまな種類と価格のコーティング材が使われます。譲れない大事な点をあらかじめ把握して、どれが合うかを選びましょう。

見た目の美しさだけにこだわっていませんか?

イメージ:フロアコーティングでお部屋を美しく!フロアコーティングといえば、「光沢のあるフローリング」、また「木目を生かしたシックな趣き」といった美観を特化したイメージが先行しているようです。コーティングを施した床は確かに美しく、部屋のみならずマイホームにちょっとした高級感をもたらします。

しかし、それはフロアコーティングの一面に過ぎません。部屋に美しさを提供するだけでなく、フロアコーティングには「床を滑りにくくする」「清潔に保つ」「湿気を防ぐ」といった多くの特長があります。

フロアコーティング製品は多種多様で、基本的な性能はもちろん、特長をさらに強化したものもあります。また使われている素材、成分、施工方法などもそれぞれ違い、多様なニーズに対応しています。

ここでは、最近注目されている「ガラスコーティング」をはじめ、定評のある「UVコーティング」「シリコンコーティング」「水性コーティング」を紹介。主な特長、代表的製品なども併せて調べてみました。

メリット、デメリットは把握しておく

フロアコーティング施工は、生活にさまざまなメリットをもたらします。とはいえ、デメリットが絶対にないとは言えません。たとえば、耐久性がよい(耐久年数が長い)、仕上がりが美しい製品は高価になりますし、施工後、仕上がりに不満を感じても塗り直しができない製品も存在します。

そのため業者だけでなく、どの製品を選ぶかといった点も重要だといえます。それぞれの特長を把握し、できれば仕上がり具合を目や感触で確かめることで、施工後のトラブルをできるでしょう。

家族構成も考慮に入れたフロアコーティング選び

フロアコーティング製品を選ぶ上で、家族構成を考慮しておくのは必然です。単身の住まいなら制約は少ないでしょう。しかし、子供がいる、老夫婦(二世帯、三世帯である)、ペットを飼っている(あるいは飼う予定がある)場合は違ってきます。たとえば、高齢者に対して滑りやすい床は厳禁。子供やペットがいる家なら、寝ころんでも、なめてしまっても、体に影響のないコーティング製品を選ばなくてはなりません。

ですから美観や耐久性だけでなく、安全性も確かめてから製品を選択するようにしてください。

あなたに向いているフロアコーティング」チェックリストを作ってみました。迷ったときは参考にしてみてください。

下記の問題にYES・NOで答えてください
ペットを飼っている。または小さな子供、お年寄りがいる
効果があるなら少々高くても構わない
床には光沢感が欲しい
施工に時間がかからないコーティング商品を希望
いつまでも新築時の美しさを保ちたい
硬度の高いフロアコーティングにしてほしい
人体への影響が少ないものがいい
できれば費用をおさえたフロアコーティングを探している
塗り直しのできる商品にしたい
床材自体の美しさを保ちたい

※このサイトは、兵庫県神戸市とその周辺にお住まいの方向けに、フロアコーティング業者の情報をまとめたものです。個人が調べた内容で制作したサイトですので、最新の情報は個々のフロアコーティング業者の公式サイトをご確認ください。